☆ふだん手帖☆  オサレと子どもとおいしいもの~主婦ライターがつづる日々雑感~

2015.12.10 Thu 18:54
先週末、館林美術館「舟越桂 私の中のスフィンクス」展へ。
最終日に駆け込んできました。
IMG_7126.jpg
館林美術館・・・館林駅からもかなり遠く、
「どこが館林やねん」みたいな場所にありますが、
外観も内部もとても美しい美術館です。

IMG_7132.jpg
公園の風景も含めての美術館。
北風が吹きすさぶ日で、猛烈に寒かったけれど、
寒さとこの光景がとても似合っていました。
夕方の景色が見たかったなぁ。

IMG_7131.jpg
そして、念願の舟越桂さん。
母校の彫刻科の先生ですのに、
いつも機をはずしてしまい、初めての展覧会です。
私はデザイン科でしたので、直接は存じ上げませんが、
学生時代に薄暗い学食でよくお見かけしました。

DSCN5669.jpg
たった4年間とはいえ同じ景色を見たかと思うと、
彫像もどこかで会ったことのあるような、
古い知り合いのような・・・・

実物を拝見する前は「昔の朴訥とした着衣の胸像がいい」と思っておりました。

が・・・
いやいやいや。
DSCN5670.jpg
近作も美しいこと。

DSCN5667.jpg
首が異様に長い女性や背中から片手が生えた胸像など、
最近の「異形」とも言われる彫像もすばらしくて。

なめらかな肌、透き通る大理石の目、
形のいい唇は今にもなにかを話だしそうで、
いつまでも見つめていたくなるほど。

より繊細に、洗練された印象なのですが、
要領のよさは感じられない。
一刀一刀、ゆっくり、不器用に、
あるときは迷いなく、
あるときは手をとめながら彫られたのでしょうか。

デジタルでなんでもスマートにスピーディーにできて
「にわかなんとか」があふれる時代に、
木彫に漂うゆったりとした時間の流れは魅力的。
近道はないんだなぁ。
別に近道しなくてもいいなぁ。

DSCN5665.jpg
今回は図録もすごくよくて、
もう1冊欲しいくらい。

DSCN5666.jpg
車で約3時間、行った甲斐がありました〜。
ムスメも拉致して連れていきました。
小学6年生のギャルにはなにがなんだかわからなかったに違いありませんが、
いいんです。
いいとか、悪いとか、好きとか、嫌いとか、
そういうことに構わず、感性の柔らかな年頃に
美しいものをたくさん見てほしいと思います。

また何かの折りには拉致っちゃうぞ。











スポンサーサイト
2015.10.30 Fri 15:51
バタバタしていた理由として・・・・
ムスメと学校さぼって、仕事もほっぱらかして
台湾なんかに行っちゃってたりして。

ばーっといきます。
DSCN5398あ
中正記念堂 
一応、名所なんで足を運んでみましたが、
特にこれといっては・・・
台湾は街歩きが一番おもしろいです。


DSCN5324.jpg
龍山寺
台湾最古のお寺といわれ、販売しているお守りはなんと60種。
どれも可愛らしく、ムスメのお友達のお土産にたくさん買いました。
DSCN5328.jpg
驚くのは、台湾のみなさんの信仰心。
お寺に入ると、すぐにお線香が3本いただけます。これ無料。
境内にはたくさんの人がいて、
みなさん額の前に線香をかがげながら、熱心に祈っています。

私もここぞとばかりに、ムスコの合格祈願。
周辺はちとガラが悪いですね。
昔の上野公園みたいです。

DSCN5291.jpg
古い街並みの迪化街では、
ドライマンゴーなど食材をたんまり試食&お買いもの。

DSCN5306.jpg
東門市場
豚の足なんかも並んでいて、なかなかショッキング。
でも、おもしろい〜。

DSCN5299.jpg
市場内で朝ご飯。

IMG_6702.jpg
厚揚げ豆腐みたいのが、ひと皿20元だから80円くらい。
お肉がうまくて50元、200円くらいです。豚肉だって。
ビーフンは頼まなくても勝手についてきます。
2人でシェアして、お腹いっぱい。

小籠包で人気の「鼎泰豐」(ディンタイフォン)は、
待ち時間が大変と聞いていましたが・・・
お昼時などピークをはずせば問題なし。
IMG_6787.jpg
だからって、2日続けて朝イチで行ったら、
店のお姉ちゃんに笑われましたが・・・
笑われても気にならないくらい、うまい〜^^
カニ味噌入りがうまいのです!


ホテル近くの名店「欣葉」(シンイェー)には、着いてすぐ行きました。
こちら高級台湾料理店で当然うまい。
DSCN5283.jpg
うまいが、しかし・・・
ひと皿の量が多くて、食の細いムスメじゃ役立たず!
ひとり旅も好きですが、台湾は4人くらいで行くと
より「うまい」かも。


夏のような暑さでしたので、
DSCN5355.jpg
「冰讚」(ビンザン)でかき氷・・・を。
こちらマンゴーの季節に合わせて10月いっぱいまでの開店。
間に合ってラッキー。
永康街にある今どきのカキ氷店は行列なんだけど、冰讚はガラガラ。
地元の人のオーダーがすごくて、トッピングてんこ盛り。
ふむふむとのぞきつつ、やっぱりマンゴー。
だって台湾産生マンゴーですよ、こりゃはずせないでしょ。


うまいから・・・
DSCN5361あ
2杯目。


DSCN5348.jpg
中華味に飽きたら「Mr.Lin's」でフレンチトースト。
こちらフレンチトーストと言っても甘くなく、
中にチーズとかハムがはさんであります。
これ、うまいの。
屋台で一躍人気店となり、路面店をオープンしただけのことはあります。
コーヒーもたっぷり飲める。


IMG_6765.jpg
日本では見かけない果物「蓮霧」(レンブ)は
シャクシャクした食感で美味。
滞在中はなんとなくお腹の調子が悪かったのですが、
思い当たることが多すぎて原因不明。


DSCN5362.jpg
アンティークの中国家具が素敵な茶芸館「水月草堂」にも→
地下鉄を乗り継いで行きました。
紫藤廬(ズートンルー)をはじめ、
たくさんのすばらしい茶芸館があるとは思いますが、
こちらはとっても良心的な価格で、英語が堪能なマダムが親切。
こじんまりと静かで「当たり」でした。

DSCN5372.jpg
お茶菓子もたっぷり。


おなじみパイナップルケーキは
「微熱山丘」(サニーヒルズ)かなぁと思いつつ、
南青山にもあるし、せっかくなので伊藤まさこさんイチオシの
DSCN5316.jpg
「手天品」へ。
いまだにな〜んて読むんだか分からない。

DSCN5319.jpg
人口甘味料など無添加。高品質な食材でつくられたパイナップルケーキは、
バターの風味が高く、まるで洋菓子。

DSCN5435.jpg
賞味期限が短いので、自宅用にいくつか買ってきて、
あっという間になくなりました。
せっかくなので、茶器も少し。
帰国してから、ムスメが得意気にお茶淹れてくれます。


変わり種は
DSCN5436.jpg
ドライライチかな。
干しぶどうみたいなライチ。
これももうすぐなくなっちゃう。


ばーっと台湾、これにて!
ひたすら歩いて、ひたすら地下鉄、ひたすら食べましたが、
行きたいところはまだまだたくさん。
ムスコが無事に高校生になったら、また行っちゃおう。



2015.09.04 Fri 15:10
彫刻・オブジェ作家、水田典寿さんによる
「日々の暮らし」展に行ってきました。

今回はギャラリーではなく、近々転出されるご自宅での展示。
IMG_6403.jpg
米軍ハウスをセルフリノベーションしたお宅。
まるごと素敵です、文句ないです。

IMG_6401.jpg
ご自宅にあるからでしょうか。
流木や廃材を元にした作品もなんだかリラックスムード。
静かに、飾らず、自然に「ある」姿に、
心から「来てよかった」と思いました。


IMG_6396.jpg
いまにも羽ばたきそうな大作は、まるでビーナスのよう。

IMG_6397.jpg

IMG_6398.jpg

顔の部分が流木、耳は海で拾ったプラスチックの燃え殻でできた象。
IMG_6391あ
この象に最後まで惹かれましたが、今回は断念><


これらが本当にすばらしいのです。
元は生物だった木や貝殻にかすかに残った生命感というか、
生きた証というか、そんなものが切なく伝わってくる感じ。

水田さんご本人は気さくに作品について話してくれる方ですが、
どれほど真剣に作品と向かい合ったのでしょうか。
どの作品も手仕事でありながら、ぬくもりや甘さはまるで感じさせない。
厳しく、誰にも寄りかからないとこから生まれた美しさ、
さみしさ、気高さ。
孤高という言葉が思い浮かびます。

今回は引っ越しを機に長年愛用されていた家具もすべて販売されていました。
「古いものを手放さないと、新しいものは生まれない」からだそう。
11月の展示会では、また新しい世界が見られるかも。
楽しみです。


で、象はあきらめたのですが・・・
DSCN5240あ
会場で一番小さな作品を手にして帰りました。
標本のような金属の葉と貝のオブジェ。お気に入りです。


問題は・・・
DSCN5239.jpg
こいつにイタズラされずに飾ることだな(-_-)








2015.08.26 Wed 17:24
葉山へリサーチに出かけたので、
以前から気になっていた古材店「桜花園」へ。

電話で「バス停からすぐ」と聞いていたのに見当たらず・・・・
IMG_6269あ
わかんね〜よ。このエントランス^^;


中に入ると・・・・
IMG_6271.jpg


葉山周辺の古民家解体の際に集めた欄間や建具をはじめ・・・
IMG_6270.jpg
襖の取ってまで、あるわあるわ。


IMG_6272.jpg
一見、乱雑なようで
建具には「解体した家があった地域」
「どの部屋に使われていたか」「サイズ」
などが書き込まれ、大変丁寧に扱われているのがわかります。

空き家をやみくもに解体してしまえば、
ただのゴミだけど、
こんな風に再利用すれば立派な資源。
すごいぞ、桜花園!



2015.06.27 Sat 17:53
本日、ムスコとルネ・マグリット展(国立新美術館)。
と言っても、私は2回目。
あまりにもよかったので、
ムスコの夏の美術展レポートに備え、前倒しで行ってきました。

会期終了が迫っているからか朝イチでも混み混みでしたが、
やっぱり良かった!
ムスコにもとっつきやすかったようで・・・
DSCN5014あ
レポート書くなら、と図録も買ってきました。
ついでにバッグも。
最近の展覧会はホント、関連グッズが充実していてびっくり。

しかし、2回目だからいいけど、
美術展はやっぱりお一人様じゃないと集中して楽しめません、私の場合。
自分のペースで行ったり来たりしながら、どっぷり浸かりたい。


次回は横浜美術館の『蔡國強展:帰去来』
現代美術のスーパースターに期待大!



Calendar
2017.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

chika

Author:chika
インテリア誌編集を経て、
現在、主婦兼原稿仕事も
ちょこっと。
子どもやら、住まいやら
オサレやら…
日々ネタを
ちょこちょこっと
書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Shop Link
 

Copyright © ☆ふだん手帖☆ All Rights Reserved.

Material & Designed by Flug

FC2Ad