☆ふだん手帖☆  オサレと子どもとおいしいもの~主婦ライターがつづる日々雑感~

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.01 Mon 14:28
「住宅展示場に行く前に、ここみてほしいよね」


ある建築家の方とそんな話になりまして・・・・
行ってきました。
DSCN4964あ
江戸東京たてもの園
実は私、多摩の端っこで育ちまして、
たてもの園がある小金井公園は小さいころよく来ました。
ずいぶん久しぶりで、だいぶ変わっていましたが、
緑が残る多摩の街並みはやっぱりいいです。

で、たてもの園はというと、
約7ヘクタールの敷地に江戸時代から昭和初期までの復元建造物が並ぶ
一大建築フェチ施設
上写真の東ゾーンは安政時代から明治、大正、昭和初期に建てられた
銭湯、居酒屋、商家などを移築し、
往時の下町風情を再現・保存しております。

映画村のようなセットではなく、まるっと移築のため・・・
DSCN4975.jpg
家の裏側、路地裏まで観られるとこが新鮮!

建築フェチが萌える近大建築家ゾーンには・・・
DSCN4916あ
「となりのトトロ」のめいちゃんちを思いおこす
田園調布の家

DSCN4917.jpg
室内はなんともモダンで・・・・
建ち並ぶ名建築の中でも、このおうちが一番好き。

お隣は・・・・
DSCN4926.jpg
前川國男先生の自邸。

DSCN4933.jpg
居室は甘さ抑えめ、渋めなのに対して

台所は
DSCN4928.jpg
キッチンと呼ぶ方がしっくりくる雰囲気。


でもって
DSCN4951.jpg
堀口捨巳先生の小出邸。

玄関がこんな感じで・・・・
DSCN4938.jpg
外観はかなり洋風なんですが、室内は和室中心の折衷デザイン。

どのお宅も「女中部屋」を備え、
「ちいさいおうち」の世界が目に浮かぶよう。

そして、実際に小さいのです。
ドアの高さ、応接間やキッチンの広さ、設備の高さ・・・
いずれも小さい!
往時の人々の背丈に合わせるとこうなのかしら。

他に三井財閥・三井八郎右衛門邸や高橋是清邸など、
贅を尽くした大豪邸もあり、それはそれは見事。
隣接する常盤台写真場などももちろん丁寧な造りなんだけど、
これら豪邸と比べてしまうと
まぁなんだ「安普請」の意味が実感できて、しんみり。

ところで、私、閉所恐怖症なのか暗所恐怖症なのか、
三井邸に隣接する蔵の3階にはどうしても入れませんでした。
青山のセローテアンティークス地下3階にも入れません。
法隆寺や清水寺には入れるので、時間の重みというより
もっと生々しい生活の重みに耐えかねる感じでしょか。
霊感はないので、おかしなものがいるわけではないでしょう。
閉所恐怖症の方は蔵に注意です。

午後から出かけたので、
デ・ラランデ邸でお茶する時間がありませんでした。
残念。次回はぜひ立ち寄りたい!
帰りの電車は府中本町からの競馬客でごった返し><
すった人、すられた人、どちらにしたって
酒入っちゃってるし=酒くさいし、
南武線をご利用の方は競馬の終了時間をチェックして
行かれることをオススメします。







スポンサーサイト

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top
Calendar
2018.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

chika

Author:chika
インテリア誌編集を経て、
現在、主婦兼原稿仕事も
ちょこっと。
子どもやら、住まいやら
オサレやら…
日々ネタを
ちょこちょこっと
書いていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Shop Link
 

Copyright © ☆ふだん手帖☆ All Rights Reserved.

Material & Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。